「努力」を「成果」にかえる誠塾。
理想的な教育を通じて社会に貢献したい。ただそれだけでこの塾をつくりました。
「高い授業力」と「誠意をもった対応」だけが売りです。生徒さんの成績を向上させ、目に見える形で、それを証明いたします。
子どもの将来を育む教育。それのみを理想に、お子様をお預かりすることをお約束いたします。(写真は当塾の外観です)
誠塾

誠塾の理念

神奈川県立高校 累計合格率

95%!!!

(2014設立より)

真の学力向上とは何か?子どもたちが勉強に対する不安や恐怖に打ち勝ち、本質的な理解に自力で到達し、成績向上を快感に感じるようになること。そう考えています。


当塾は、あきらめさせない指導を実践しています。
講師が生徒ひとりひとりに親身に目を向け、塾生全員が「わかった」と言える授業をします。主役はあくまでも塾生。最終目標である「合格」を勝ち取るため、髙い得点力と精神力を養っていきます。ひとりたりとも脱落させません


 


具体的な方針としては、「白板を写させない」と「短いスパンの目標」です。


 


全く理解できていない内容の白板を写す。誰しもが経験したことがありますよね?そうしながら、皆こう考えます。「後でノートを見て理解しよう」と。結果はどうでしたか?やれた方はご両親の教育や指導者が素晴らしかったのでしょう。大半の方は試験ギリギリまでやらないか、なかったことにしてしまった方も少なくないのでは?私も後者でした(現在はちがいますよ)。でも、大人になっても耳の痛い話です。


自分たちの塾では信頼いただいた子どもたちに上記のような苦しみを伴う無駄を排し、効率的に学習と意欲の向上をさせてあげたい。そう考えて誠塾メソッドを考え出しました。


 


「白板を写させない」です。授業ではまず私が説明を白板でします。適宜に指名し発問もします。それを使った例題を白板で解説します。その後に私がする指示は「今から時間をあげるので白板を最初から見て理解し例題をシュミレーションする。イケると思ったら、白板を見ないで説明と例題の解答をノートに書きなさい」だけです。これが面白いように子どもたちの集中力と能力を上げていくんです。丁度、自転車に乗れるようになるのに似ています。一度自力で達成すると、忘れづらい知識が身につきます。


 


もう1つだけお聞きください。


次回の定期テストや受験本番を目標にしてしまいますと、学校行事や部活に目が行き漫然と過ごしてしまうことが多いです。これも大人の我々ですら耳の痛い話ですよね?どうすればその問題を解決できるのか?


 


それを解決するのが「短いスパンの目標です」。ショートステップとは違います。小テストは前回までに学習した内容からランダムに選出され、時間を計り、合格点を定め、高い緊張感の中で行われます。


狙いはもちろん「合格点をとれる喜び」「試験慣れ」「自発的な学習」の3つです。これもまた、面白いように伸びる。例を挙げると入塾前は分数の計算も出来ない学診模試で偏差値20の中2の生徒が3か月で偏差値50まで伸びました。本人、保護者ともに驚愕でした!


 


塾にいる生徒たちを見てきて、初めは小テストを恐れ、次第に点数をとるコツを覚え、最後には合格することが快感に変わっていくという様子を何度も見てきました。これが我々の理想とする、真の学力の向上です。もし、勉強にお困りでしたら、ご連絡ください。お子様の「努力」を「成果」にかえて見せます。


 


最後までご覧いただきありがとうございました。

授業用の教室です